人間は年を取るにつれて酵素が減っていくので、積極的に補給する必要があります。
しかし現代は酵素が壊れた加工食品が多いため、取るのは簡単ではありません。

麹菌は「酵素の宝庫」といわれるほど、酵素がたっぷり入っています。
どんな効果があるのか楽しみですね。

麹菌が使われている食品

麹菌と言われて、どんな食品を思い浮かべますか?

 

  • 味噌
  • 醤油
  • 漬物
  • 日本酒
  • 焼酎
  • かつお節
  • 甘酒

 

など、あなたの身の回りにも、たくさんの食品があります。

現代人に不足しがちな酵素を取るために、紹介した食品を定期的に取ってください。

麹菌は日本で作られた

麹菌は日本独特の風土が作り出した酵素の王様なので、日本人の体に合っている発酵食品です。

日本では昔から

 

  • 大豆

 

などに麹菌を植えて繁殖させてきました。

現代は自分で作る人は少ないですが、少し前は多くの家庭で麹菌を作っていました。

麹菌の酵素で食べ物を分解する

麹菌は酵素がたっぷり入っていて、栄養を分解してくれます。
「使えるエネルギーに変える」と考えてもいいですね。

 

  • デンプンをブドウ糖に変えるアミラーゼ
  • タンパク質をアミノ酸に変えるプロテアーゼ
  • 脂肪を分解するリパーゼ

 

とたくさんの酵素が入っていますよ。

どんなに栄養がある食べ物を取っても分解して吸収できなければ意味がありません。
「どれだけ栄養がある食べ物を取るか」も大切ですが、「分解する酵素も入っているか?」も重視してください。

 

 

 

分解して消化できなければお腹の中にたまって便秘になってしまうかもしれません。
麹菌はダイエットにピッタリですね。

他に

 

  • うま味が出てくる
  • 魚や肉を軟らかくする

 

力も持っています。

麹菌を他の食品と混ぜると、

 

  • 消化しやすい
  • おいしい
  • 軟らかい

 

の3つが加わりますよ。

酵素は栄養の分解から排泄まで関係しているので、しっかり取ってください。

他の成分

麹菌に入っているのは酵素だけではありません。

 

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

 

と不足しがちな栄養素が含まれています。

麹菌はどんな効果があるのか

 

  • 血行を良くする
  • 病気になりにくくする
  • 生活習慣病を予防する
  • 疲れを取る
  • 脂肪を燃やす
  • 便秘を解消する
  • 腸内環境を改善する
  • ストレスを減らす

 

効果を持っています。

もしあなたがこれらの現実を得たい場合は、麹菌を積極的に取ってください。
たとえば醤油や味噌は普段の食事にも取り入れやすいですよ。

酵素が不足するとどうなるのか

現代は加工食品が多くて、酵素が不足している人がたくさんいます。
30代→70代で酵素は3分の1になるので、年を取れば取るほど酵素を取る必要があります。
酵素は加熱すると壊れるので、「どれだけ酵素が入っているか?」だけでなく「加熱していないか?」も確認してください。

たくさん酵素が入っていても加熱処理をしていて、酵素が壊れていたら意味がありません。

酵素が不足すると

 

  • 高血圧
  • 肥満
  • 糖尿病

 

になってしまう可能性が高まります。

酵素を取っておいて損はないでしょう。

甘酒がオススメ

麹菌が入った商品はたくさんありますが、今回は甘酒をオススメします。
「飲む点滴」といわれているので、下手に栄養ドリンクを飲むよりいいでしょう。
ほとんどの栄養ドリンクは興奮させるだけで、根本的な疲れは取れませんし。

米麹の甘酒はアルコールや砂糖を使っていないので、ダイエットにも良いですね。
自然な甘さを味わってほしいです。

どんな力があるのか

 

  • 毒素を排出する
  • 疲れを取る
  • 風邪を予防する
  • 髪を美しくする
  • 肌を綺麗にする
  • 脂肪を燃やす

 

力を持っていますよ。

たくさんの力があるので、まさに飲む点滴ですね。
冷やしても温めてもおいしいので、デザート感覚で取るのもオススメ。
薬と違って副作用がないため、安心して摂取できるでしょう。

「おいしくて栄養が取れる」はシンプルですが、とても大切。
この本質を意識すればストレスがたまったり病気になったりすることは、ほとんどありません。