最近は酵素サプリが人気ですが、なぜでしょうか?
酵素の力をよく知らなくても、「酵素=体に良い」と思っているかもしれません。

麹菌は「酵素の宝庫」と呼ばれるほど、たくさんの酵素を含んでいるので、体に良いのは間違いないでしょう。
茶麹はそんな麹菌とお茶を組み合わせた商品なので、体に良さそうですね。

茶麹や麹菌に含まれる酵素はどんなものなのでしょうか?
せっかくなので、酵素についてしっかり勉強してみましょう。

麹菌に含まれる酵素の正体

麹菌はたくさんの酵素が含まれていて、特に消化酵素が多いことが特徴。
消化しなければ、どんなに良い栄養を取っても意味がありません。
栄養の前に消化機能を高める必要があるということですね。

麹菌にはどんな消化酵素が入っているのでしょうか?

  • デンプンをブドウ糖に分解するアミラーゼ
  • タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ
  • 脂肪を分解するリパーゼ

と消化するのに欠かせない消化酵素ばかり。

 

 

他にもペクチナーゼなど、30種類以上の酵素が入っているので、「酵素の宝庫」と呼ばれるのは納得できますね。
下手に「酵素が入っています」という商品を取るよりも、麹菌が入った自然の食品を取るほうがいいかもしれませんね。

酵素の力

「酵素は何をしていますか?」といきなり聞かれても、答えられませんよね。
人間に酵素は欠かせないので、しっかり学習しておきましょう。

[1]消化、吸収する

先ほど紹介した消化酵素を使い、消化や吸収がしやすくなります。
栄養をエネルギーに変える力といってもいいですね。

どんなに良い栄養を取っても消化、吸収できないと、お腹の中で生ゴミのように腐ってしまうので、とても大切な力。
消化や吸収は目に見えませんが、「大切なんだ」と覚えておきましょう。

[2]食べ物を軟らかくする

硬い食べ物は食べにくいですよね。
しかし酵素があれば、食べ物を軟らかくしてくれます。

実際に肉が切れやすくなった実験もあるので、信じていいでしょう。
他には麹が入った食べ物をイメージすると分かりやすいです。

 

  • 味噌
  • 醤油

は、どちらも硬くないですよね。

[3]乳酸菌を活性化する

乳酸菌と酵素は別物ですが、酵素に含まれるオリゴ糖が乳酸菌の大好物なので、乳酸菌も元気になります。
乳酸菌だけでなく善玉菌は基本的にオリゴ糖が大好きのため、体の中で良いことをしてくれる菌がどんどん増えますよ。

酵素だけでも体に良いと言われていますが。他の善玉菌も活性化するので一石二鳥ですね。

[4]栄養を作り出す

善玉菌は元々あった栄養素ですが、新たな栄養を作り出すこともできます。
酵素が食べ物を代謝すると、

  • ビタミンB1、B2、B6
  • ナイアシン
  • パントテン酸

の栄養素が発生。

肌を綺麗にする力があるので、女性はもちろん男性もうれしいですね。
肌が綺麗になると、印象が良くなるので人間関係も改善するでしょう。

 

 

発生した栄養素は他にもさまざまな力があるので、酵素を取っておいて損はありません。
健康のために酵素がある商品とない商品があったら、酵素がある商品を選んでください。

茶麹の力はそれだけではない

もちろん麹菌の力はすさまじいです。
甘酒が飲む点滴と呼ばれるように、体に良いことは間違いないでしょう。
しかし酵素は食物繊維が入っていません。

お茶は食物繊維がたっぷり入っているので、体の中をしっかり掃除してくれます。
茶麹が便秘に良いといわれるのは、

  • お茶の食物繊維で体内の大掃除をする
  • 麹菌の酵素で体の機能を高める

からでしょう。

 

 

どちらも大切な力なので、一つだけではなくバランスよく取ることが大切。
茶麹は最初から両方入っているので、混ぜる手間も忘れる可能性もないので安心できます。
昔は一つずつ取るのが当たり前ですが、体に必要な栄養素を両方一緒に取れるのは素晴らしいですね。

  • お茶
  • 麹菌

と日本の伝統的な栄養素を一気に取れる茶麹は素晴らしいですね。