日本は世界トップクラスの発酵技術を持っています。
茶麹に使われている麹菌は日本で生まれて、微生物の王様。
東アジアにしかない世界的に見ても貴重な成分ですね。

日本には、おいしくて健康的な発酵食品がたくさんあります。
麹菌の発酵技術を使った食品を味わってほしいですね。

麹菌でどうやって発酵させるのか

麹菌の正式名称はコウジカビ菌。
「カビなの?」と驚くかもしれませんが、有害ではないので安心してください。
むしろ体に良いカビなので積極的に取ってほしいですね。

たとえば青かびチーズもカビですが、健康に良いですよね。
麹菌を使ってどうやって発酵させるのか見てみましょう。
麹菌と素材を混ぜるだけなので簡単。

 

 

  • 味噌
  • 甘酒

など日本の代表的な発酵食品は、これだけで作れます。

スーパーなどで売っている商品を買うのもいいですが、たまに作ってみると面白いですよ。

酵素がたくさん

アミラーゼ

デンプンをブドウ糖に分解する酵素。
甘くしてくれるので、おいしさもアップします。

プロテアーゼ

タンパク質をアミノ酸に分解します。
うま味を感じるようになりますよ。

リパーゼ

脂肪を分解する酵素。
「最近太りやすい」と感じている人は、リパーゼが足りないかもしれません。

野菜や果物にも酵素がありますが、3つ全てを分解できません。
麹菌は「酵素の宝庫」と呼ばれるほど、酵素の質も量も素晴らしいです。

酵素が不足するとどうなるのか

普段酵素なんて意識しませんよね。
しかし酵素が不足すると消化や代謝ができません。
実は消化~排泄まで関係しているので、足りないと大変なことになります。

具体的に

  • 高血圧
  • 肥満
  • 糖尿病

などになってしまうので注意してください。

 

 

特に現代人は酵素が不足しがち。
酵素が壊れてしまっている加熱食品を食べる機会が増えているので、しょうがないですが。
酵素はデリケートで加熱すると壊れるので気をつけてください。

酵素を取るときに「加熱しているかどうか」は大切な判断基準です。

どんな食品に含まれているのか

「麹菌が含まれている食品」といわれて、あなたはすぐに思い浮かびますか?
たくさんの食品に入っていますが、意識することはあまりないですよね。

麹菌は

 

  • 日本酒
  • 味噌
  • 漬物
  • 醤油
  • 焼酎

 

などに入っています。

「こんな食品にも入っているんだ!」とあなたは驚いたかもしれません。
麹菌は甘味やうま味を食品に加えておいしくします。

 

 

 

  • 味噌
  • 醤油

 

などを食品に加えると味が変わりますよね。

おいしくするだけでなく健康にも良いので、積極的に取ってください。
気がついていない人も多いですが、麹菌は普段から取っています。
日本の食卓に欠かせない栄養素ですね。

せっかく日本に生まれたので、酵素の宝庫「麹菌」を意識して摂取しましょう。

毎日取ってほしい

毎日取るならどんな食品が良いのでしょうか?

 

  • 日本酒
  • 焼酎

などのアルコールは、なかなか毎日取れませんよね。

  • 味噌汁
  • 醤油

が取りやすいのでオススメ。

毎朝味噌汁を飲むと、一日がんばれますよ。

 

 

あと「飲む点滴」といわれる甘酒も良いですね。

  • ビタミン
  • アミノ酸
  • ブドウ糖

が入っていて

  • デトックスする
  • 疲労を回復する
  • 免疫力を上げる

力がありますよ。

麹菌にはどんな栄養が入っているのか

麹菌には

  • 酵素
  • クエン酸
  • 抗生物質
  • ギャバ
  • ビタミン

など栄養がたっぷり入っています。

おいしくて栄養があるなら取らない理由がありませんよね。

麹菌の種類

米麹

茶麹に使われている麹菌は米麹です。

他に

 

  • 甘酒
  • 清酒

 

などに使われます。

デンプンをブドウ糖に分解する力が強いですよ。

豆麹

味噌を作るのによく使われる麹菌。
タンパク質をアミノ酸に分解してくれます。
味噌にうま味があるのは、豆麹が原因でしょう。

麦麹

蒸して作る麦麹。
焼酎によく使われていますよ。