「麹菌は健康に良い」とよくいわれるので、毎日麹菌を取りたいです。
しかし「どんな食品に麹菌が入っているかな?」と考えたら思い浮かびません。

あなたは麹菌を使った商品が何か思い浮かびますか?
もし思い浮かぶなら教えてほしいです。
どんな食品に麹菌が使われているのか気になったので調べてみました。

麹菌を使った食品

醤油

調味料の醤油は、あなたも多く使うと思います。
味が薄いときに醤油をかけると一気においしくなりますよね。

塩分に気をつける必要がありますが、発酵食品で善玉菌がたくさん入っています。
取りすぎに気をつければ、毎日取っても問題ありません。
醤油は大豆に麹菌と酵母をつけて発酵させるだけです。

味噌

「毎朝の味噌汁は健康の元」と聞きました。
たしかに定期的に麹菌を取るのは良さそうですね。
野菜も入れれば、さらにおいしくなりますよ。

味噌は大豆に麹菌と塩をつけるだけ。
簡単なので自分で作るのもオススメ。
スーパーで買うのとはまた違った楽しさがあります。

みりん

もち米と麹菌を混ぜて作ります。
2ヶ月ほどかかるので、自分で作るなら時間が必要。
しかし「熟成されているんだ」と考えると、ワクワクしてきまsね。

豆板醤

豆や米に麹と塩をつけるだけ。
「作るのは難しそう!」と思うかもしれませんが、レシピはシンプルですよね。
みりんは2ヶ月かかりますが、豆板醤は6ヶ月かけます。

忘れないようにスマホのリマインダーアプリなどでセットしておきましょう。
忘れ去ってしまったら、豆板醤がかわいそうですよね。

さらに、6ヶ月経ったら唐辛子をつけて数年置きます。
スーパーならすぐに買えますが、自分で作ると時間が必要ですね。

塩麹

 

 

を混ぜるだけ。

麹菌を使った食品は発酵に時間がかかることはありますが、材料はシンプル。
一度麹菌を買っておけば、いろいろな料理に使えるので便利ですよ。

醤油麹

 

  • 大豆
  • 麹菌
  • 醤油

 

を混ぜて発酵させます。

醤油は元々発酵食品なので、発酵に発酵を重ねるイメージですね。
手間をかけた分、栄養たっぷりでおいしくなりますよ。
時間があるときに挑戦してみてください。

醤油も手作りにすると、達成感が抜群です。

鰹節

カツオに麹菌をつけて発酵させるだけ。
鰹節を自分で作る人はいませんが、材料も作り方もシンプルですよね。
もし作ったことがなければ、一度挑戦してほしいです。

甘酒

「飲む点滴」といわれていて、栄養抜群。
下手に栄養ドリンクを買って飲むよりいいでしょう。

他の食品

麹菌を使った食品は思ったよりたくさんありました。
今紹介した以外の食品を見てみましょう。

 

  • 日本酒
  • 漬物
  • 焼酎
  • 泡盛

 

わたしたちの周りには、麹菌を使った食品がたくさんありますね。
気づかずに毎日取っている人もいるかもしれません。

麹菌とは何なのか

日本で生まれた

麹菌が生まれたのは日本です。
世界でも有名なので、日本産だと思っている人は少ないかもしれません。

麹菌は東アジアでしか取れません。

 

  • 酵素の宝庫
  • 栄養の塊

 

と呼ばれる世界でも珍しい栄養素。

どんな栄養素が入っているのか

酵素

成分を分解したり合成したりします。

 

  • デンプン→ブドウ糖にするアミラーゼ
  • タンパク質→アミノ酸にするプロテアーゼ

 

が代表的。

アミノ酸は肌を綺麗にしてくれるので、特に女性にオススメします。
うま味も発生するため、おいしくなりますよ。

他に

 

  • クエン酸
  • 抗生物質
  • ビタミン
  • ギャバ

 

などの栄養素が含まれています。

麹との違い

「麹菌と麹の違いは何ですか?」と聞かれたら答えられますか?
「菌と菌じゃないやつ」と思うかもしれません。
名前のままですね 笑

麹は米や麦などの素材に麹菌をつけて発酵させて、米麹や麦麹を作ります。
「素材+麹菌=麹」と考えると分かりやすいでしょう。
違いを理解しておくと、いつか役に立つかもしれません。